ページの
先頭へ
トラック・運送・トラックドライバー情報

トラック・運送・トラックドライバー情報

トラックドライバーの仕事内容とは?

トラックドライバーにもさまざまな種類があり、車種によって必要な資格や仕事内容が変わります。これからトラックドライバーを目指す方は、クラス(車種)や仕事内容を理解して「自分はどのクラスのトラックドライバーになりたいか」を見極める必要があります。ここではクラスごとのトラックドライバーの仕事内容についてご紹介いたします。

大型トラックドライバー

大型トラックドライバーの仕事内容と必要な資格は以下の通りです。

仕事内容

大型トラックは主に長距離を走ることが多く、一度出勤すると数日家に帰れなかったり、トラックのなかで睡眠をとったりすることもあります。荷入れや荷降ろしは現地で別のスタッフが行ってくれることが多く、手降ろしもほとんどないため、運送するだけという場合が大半です。

トラック運転手のなかでは比較的、業務内容が楽だといわれていますが、長時間勤務になることが多いので、集中力や体力、大型車を操る能力などがより必要です。勤務形態としては運送業者の社員として働く形態と、歩合制の委託勤務として働く形態があります。

必要な資格

一般的に大型トラックといえば、車両総重量が11トン以上の大型車両のことをいいます。大型トラックドライバーになるには普通自動車免許とは別に大型自動車免許が必要で、ある程度の経験も必要になります。また勤務先によってはフォークリフト免許が必要であったり、あると優遇されたりするケースがあります。

中型トラックドライバー

中型トラックドライバーの仕事内容と必要な資格は以下の通りです。

仕事内容

中型トラックは主に都市間の中距離路線を走ることがメインで、日帰りできる距離が多いものの、朝が早かったり、夜が遅かったりすることもあります。荷入れや荷降ろしは自分でしなければならないこともあり、荷物の形態によって、手積みやフォークリフトを使って荷物を出し入れします。

中型トラックはトラック業界のなかでも多様な市場があり、雇用形態や勤務時間などは運ぶ荷物の種類などによってさまざまです。また大型トラックと同様に運送業者に所属する場合もあれば、委託されて仕事をするケースもあります。中型トラックドライバーはニーズが多いだけあって、自分にマッチした勤務条件を探しやすい傾向にあります。

必要な資格

中型トラックは車両総重量が5トンから11トンまでのトラックで、運転には中型自動車免許がなければなりません。2007年の改正法施行前に普通自動車免許を取得した方は、車両総重量が8トンまでの中型車なら運転することができます。自分で荷入れや荷出しをすることが多いので、フォークリフトの免許があると有利になります。

小型トラックドライバー

小型トラックドライバーの仕事内容と必要な資格は以下の通りです。

仕事内容

小型トラックは主に大型トラックが運んできた荷物をさらに細かなエリアへ運んだり、決まったルートを回って荷物を運んだりする業務がメインです。配送距離は近距離が多く、特殊なケースを除いては日帰り勤務です。荷入れや荷降ろしは自分で行わなければならない場合が多く、ある程度体力も必要です。一般的にはどこかの企業に所属して勤務しますが、業務経験があれば派遣会社に登録して勤務を行うことも可能です。

必要な資格

小型トラックは車両総重量が5トン未満で、積載量が2トン程度のトラックのことをいいます。これらのトラックは普通自動車免許で運転が可能で、新たに免許をとらなくてもよいというメリットがあります(AT限定免許の場合はトラックによって不可)。しかし、普通の自動車と比べると、車幅や長さ、高さがかなり大きいので上手に運転するには慣れが必要です。

宅配トラックドライバー

宅配トラックドライバーの仕事内容と必要な資格は以下の通りです。

仕事内容

いわゆる宅配便での業務がメインで、営業所で荷物を積み込み、企業や個人宅へ荷物を届ける業務です。勤務時間は一般的な企業のように朝から夕方までと決まっていますが、繁忙期などは忙しくなることもあります。多くの配送先を回らなければなりませんので、効率よく回る方法や、客先の場所をおぼえるなど運転以外のスキルも必要です。

必要な資格

宅配トラックは小型トラックを使うことが大半ですので、普通自動車免許で対応できるケースがほとんどです。

このようにトラックドライバーにもたくさんの種類があり、仕事内容や必要な資格も変わってきます。上記を参考に自分に合ったトラックドライバーの仕事を選びましょう。