img

荷物を載せ、道路をひた走るトラックは日本を支えるモノ運びの屋台骨です。大切な荷主や家族の事を思い、働き続けるドライバーの皆さんに私たちは支えられています。中古トラック市場においてステアリンクは大切な役割を果たしたい、そう願ってこの仕事を続けてきました。それは、一仕事終えたトラックを次のドライバーへとつなぎ渡すことです。

img

疲労したパーツを交換し、室内とシートをリフレッシュさせます。不要なパーツを外し、新しいパーツをしっかりと取り付け,次の活躍に備えます。凹んだ波板をまっすぐに戻し、必要な塗装を施します。テスト走行も十分に行い、異音や故障の可能性はないかチェックします。車両の現状をきちんと伝えるために、写真や動画を撮影し、お見せします。必要とあらば、車両をお客様の所までお届けして車両確認ができるようにしています。車輌展示場までお越しいただく場合の手配も行っています。展示場には、私たちが時間をかけて選んで仕入れた車両を並べています。お客様の必要に応えられるよう、できる限り今後の展開を推測した仕入を続けることも、大切な仕事です。

img

それらすべては、中古トラック整備の経験を活かして、お客様の配送業を支えたいとの願いなのです。

中古トラック整備は一般的な車修理とは大きく異なります。車種やメーカーごとに、様々な経験が必要です。壊れやすいパーツはどこか、チェックすべき個所はどこなのか、これまでの失敗から私たちは学んできました。それらを活かして、万全のチェック体制で品質を向上させ続けてまいります。

img

もちろん、修理を突き詰めればキリがありません。新品同様まで修理をするなら販売価格の向上となり、結果としてお客様の負担になってしまいます。状況によって、古くなっている箇所を十分に納得していただいた上で、現状車両を販売することもございます。その場合でも、中古車の状態を丁寧にお客様にご説明し、私たちの責任を果たしたいと思っております。

どうぞ中古トラックに関することなら何でも私たちに言ってください。持てる限りの知識と経験で応えてまいります。

img

点検・整備・クリーニング

step1

200項目以上に及ぶ、厳しいチェックを受けた車両だけをお届けしています。

step1

ステアリンクでは、チェックシートを使ってすべての車を入庫時に評価しています。 チェック項目は200以上。入庫するすべての車両を細かい部分までしっかりとチェックして厳選された車両だけをお客様にお届けしています。

step1

整備・塗装・クリーニングの方針を決定します。

step1

トラックをどのレベルまで整備するのか、交換する部品はどの部品か、キャビンや荷台のクリーニングはどのレベルまで行うのか、塗装はするのか、など、トラック毎に決めていきます。

step1

国家資格を持った自動車整備士が念入りに整備を行っています。

当社は、関東運輸局長に認証された自動車分解整備事業者です。それは一定の規模の作業場と作業機械をもっており、分解整備に従事する従業員がいることを意味します。そして、エンジン、ミッション、デフなど、トラックの一番大事な部分を中心とした納車前の検査は、国家資格をもった自動車整備士が念入りに行っています。

step1

「新車感覚」の理由は細部まで行き届いたクリーニングにあります。

step1

毎日乗るトラックですから、以前に乗っていた方が使用した痕跡はどうしても残ってしまうものです。しかし、新しいオーナー様が気持ち良くまるで新車に乗るような気持ちになっていただくように、当社ではクリーニングを徹底して行っています。基本的にはキャビン内は分解してクリーニングを行い、シートを張り替えることもあります。

step1

専用クリーナーを使って外装の洗浄を行います。

step1

外装、タイヤ、ホイールなどを隅々までクリーニングします。外装に関しては高圧洗浄機と特殊な洗剤を使い、泥やホコリをきれいに落とします。

step1

板金塗装は豊富な塗装経験のある職人が行います。

当社では、社内で鈑金塗装も行っています。乗用車の鈑金塗装の経験者が、丁寧で細かい塗装やキズやへこみの補修を行っています。車業界ではトラックなど商用車の塗装より乗用車の塗装の方が難しいと言われています。その難しい塗装を経験しているスタッフが仕上げる鈑金塗装は、お客様からご好評をいただいております。また、ご希望があればお好みの色に塗り替えることも可能です。

step1

ボディ内外の修理キズの修理もしっかり行います。

step1

ボディ内外装の修理やクリーニング、キズの修理などを行います。床板やベニヤの張り替え、波板やアオリの修理なども行っています。荷台のキズも修理します。

step1

納車前点検で、エンジン、ミッション、計器類などを再点検します。

step1

ご注文いただいたトラックについては、納車前点検として、再度エンジンやミッションなどの不具合がないか、ウィンカーやワイパー、計器類が間違いなく作動するかなどを点検します。

step1

最終クオリティチェック

お客様へお渡しする前に、走行テストを含む最終チェックを行います。営業スタッフと整備スタッフがお客様目線になって一緒にチェックすることで、納車前の仕上げをしています。

step1

納車

step1

これだけの点検、クリーニングの工程を経てお客様にご納車されます。

その他にも、お客さまのご要望にできるかぎりお応えします。

中古トラックをさがす