中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古バス/重機(ミニユンボ(ミニバックホー))一覧(0台該当)

並び替え :

0台中 00台目を表示

中古トラック車両一覧: 0台中
0台目から 0台目を表示

お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
  • 検討リストに車両はありません

バスの車両形状から探す

ミニユンボ(ミニバックホー)について

ミニユンボ(ミニバックホー)は「油圧ショベル」の中でも、車両重量が6トン未満の車両を指しています。別名「ミニ油圧ショベル」とも呼ばれていることも特徴です。土砂を掘るという用途だけではなく、本体が小さいので狭い場所での工事や家屋の解体など、小回りが要求される場面でも活用されているのです。油圧ショベルは1990年代に、統一名称として「社団法人日本建設機械工業会」が定めました。ミニユンボ(ミニバックホー)はユンボは掘削や積込などの土木作業で用いられることが一般的です。ミニユンボ(ミニバックホー)の歴史はユンボと同じく1960年代に発売されたことで、日本国内でも人気を集めるようになりました。ミニユンボ(ミニバックホー)は「掘削作業」「積み込み作業」「破砕や選別作業」可能です。ミニユンボ(ミニバックホー)を製造販売しているメーカーは「コマツ」「キャタピラー」「コベルコ建機」「日立建機」などの国産メーカーです。ミニユンボ(ミニバックホー)の金額は新車の場合は約100万円~、中古の場合は約30万円~が相場です。

ミニユンボ(ミニバックホー)の使用用途

ミニユンボ(ミニバックホー)は作業内容に応じてアタッチメントが変えられる仕組みです。具体的には「ショベル(バケット)」「クラッシャー」「グラップル」「ブレーカ」などです。ミニユンボ(ミニバックホー)は、「掘削作業」「積み込み作業」「破砕や選別作業」など多くの場面で活躍する車両なのです。ミニユンボ(ミニバックホー)はそのお仕事には欠かせないトラックで、建築業や道路工事業など日本のインフラを支えている業界で人気がある車両です。

中古のミニユンボ(ミニバックホー)を選ぶポイント

中古のミニユンボ(ミニバックホー)を選ぶポイントとしては、最初にミニユンボ(ミニバックホー)のサイズを確認しましょう。ミニユンボ(ミニバックホー)の寸法は、「長さ:2100㎜前後・幅1100mm前後・高さ 580mm前後」が一般的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。作業内容によって中古ミニユンボ(ミニバックホー)を選ぶときには参考にされてください。中古ミニユンボ(ミニバックホー)の販売年式は今から約10年前、価格相場は30万円台が主流となっています。