中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古バン車一覧(49台該当)

並び替え :

49台中 124台目を表示

  • 日野 小型 バン デュトロ

    問合番号
    02-1536

  • マツダ 小型 バン タイタン

    問合番号
    02-1531

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    問合番号
    02-1526

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    問合番号
    02-1522

  • 日野 中型 バン レンジャープロ

    問合番号
    02-1523

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    問合番号
    02-1521

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    問合番号
    02-1517

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    問合番号
    02-1504

  • トヨタ 小型 バン トヨエース

    問合番号
    02-1497

  • 日野 小型 バン デュトロ

    問合番号
    02-1477

  • 日野 中増t バン レンジャープロ

    問合番号
    02-1464

  • 日野 小型 バン デュトロ

    問合番号
    02-1443

  • マツダ 小型 バン タイタン

    問合番号
    02-1528

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    売り切れ

  • 日野 小型 バン デュトロ

    売り切れ

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    売り切れ

  • 日野 中型 バン レンジャー

    売り切れ

  • 日野 小型 バン デュトロ

    売り切れ

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    問合番号
    02-1499

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    売り切れ

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    売り切れ

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    売り切れ

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    売り切れ

  • いすゞ 小型 バン エルフ

    売り切れ

  • 中古トラック車両一覧: 49台中
    1台目から 24台目を表示

    1 2 3
    お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
    ※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
    • 検討リストに車両はありません

    バン車の車両形状から探す

    中古バン車一覧の中古トラックを購入したお客様の声

    step1

    仕上げに感謝申し上げます!

    R4年7月納車 栃木県 M様

    気に入った車があった,担当スタッフの対応が良く希望通りの追加整備を、約束通り行って頂きありがとうございました。次期入れ替え、増車の際はまたお願いします。

    ステアリンクより

    (フロント担当:保谷)

    ご成約いただき誠にありがとうございます!ひとつひとつ丁寧な対応を心がけております。増車の際は是非よろしくお願い致します!

    step1

    ピッタリ

    R2年12月納車 千葉県 様

    今の車と同じサイズの車輌を探していました。 高さもピッタリでした!

    ステアリンクより

    (フロント担当:保谷)

    いつもありがとうございます。 更にお客様に満足して頂けるよう、日々精進してまいります。 次回も是非よろしくお願い致します!

    step1

    R1年12月納車 千葉県 様

    展示場にうかがった時には丁寧に説明してもらい、お世話になりました! 購入後、塗装を依頼しましたが仕上がりに大変満足しています。

    ステアリンクより

    (フロント担当:保谷)

    この度は初めてのお取引にもかかわらずスピード成約ありがとうございました! また、早々にご来店いただきありがとうございました。塗装の仕上がりにもご満足いただき、お役に立ててうれしいです。次回もぜひよろしくお願いします。

    開く

    バン車に関する記事

    バン車は、アルミ製の箱型をシャーシに備え付けた車両です。バン車は箱トラックの中で幌車やウイング車と比べて気密性が高いので、ドライ(乾燥)バンと呼ぶこともあります。バン車のサイズは「2t」「4t」「10t」など、さまざまな用途に合うように小型や大型、増トン車と言われるサイズで製造販売されています。街中で見かけるバン車としては引っ越し業者がパワーゲート搭載のバン車を用いているのをよく見かけると思います。その理由は、バン車は気密性でお客様の荷物を汚れなどから守れるためです。バン車の有名なメーカーとしては、UDトラックスや日野自動車、三菱ふそうやいすゞ自動車など多くの国産トラックメーカーが製造と販売を行なっています。バン車の金額は新車なら500万円~、中古トラックなら200万円~が相場です。

    バン車は「小型アルミバントラック」「中型アルミバントラック」「大型アルミバントラック」の3種類です。多彩な種類があるバン車は、引っ越しはもちろん、建設資材や飼料の運搬などに使用されることが多いトラックです。バン車はサイズによって幅広い用途で使われているので、あらゆる場面で活躍するトラックと言えるでしょう。バン車は運送業や建築業、農業など日本のインフラを支えている業界で人気があるトラックです。バン車は移送距離が短距離~中距離に対応できるので、運送業での保有率は40%程度と需要が多いトラックです。

    中古のバン車を選ぶポイントとしては、最初にバン車のサイズを確認しましょう。バン車の荷台寸法は、「小型アルミバン:荷室長3,150mm前後・荷室高2,100mm前後」「中型アルミバン:荷室長6,200mm前後・2,300mm前後」「大型アルミバン:荷室長9,000mm前後・荷室高2,500mm前後」が一般的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。中古バン車の販売年式の主流は、今から約15年前に製造されたバン車です。走行距離は平均10万キロ台、価格相場は100万円台が主流となっています。

    バンの特徴として、「頑丈」ということと「荷物の積み下ろしの容易さ」が挙げられます。箱の側面パネルにはアルミを使用しており、雨風や埃から積載物を保護し、直射日光を避けることができます。アルミは金属の中でも軽くて錆びにくいため、最大積載量が増え、より多くの荷物を積むことが可能になります。後方の開閉ドアには、左右に観音開きするタイプや、上にスライドするシャッター式のタイプがあり、リフトのように積み下ろしを補助するパワーゲートが装備されている車両も多く見られます。さらに、後方のドアに加えて車体の側面にもドアが付いているバンも存在します。ウイング車には劣りますが、積み下ろしの容易な形状となります。

    Q.バンとウイング車の違いは何ですか?
    A.バンとウイング車の最大の違いは、名前の通りウイングの有無です。バンにはウイングがなく、後方のみ開閉するタイプや、側面に扉が付いたタイプがあります。このため、荷物の積み下ろしを簡単かつ効率的に行う点では、ウイング車に劣ります。しかし、バンにはウイングがないため、荷台部分の隙間がほとんどなく、気密性が高いです。その結果、埃や水が入りにくくなっています。気密性を重視するならバン、荷物の積み下ろしの効率性を重視するならウイング車となります。

    Q.バンを運転する際必要な資格はありますか?
    A.バンの運転に特別な資格が必要なわけではなく、運転するトラックのサイズに応じた運転免許が必要です。平成19年6月までは運転免許は2種類のみでしたが、現在は普通免許、準中型免許、中型免許、大型免許の4種類に分かれています。取得時期や免許の種類により、運転できる車両が異なります。

    バン車の新車・中古車価格は?

    「「バン車」とは、荷物を運ぶために使われる商用車のことです。

    荷室を作り込んでいるため、乗用車とは違い、荷物を運ぶことをメインの目的としています。乗用車が3ナンバーまた

    は5ナンバーを持っているのに対し、商用車であるバン車は4ナンバーを持っています。税金などで区別がされている

    ためです。排気量2,000ccを超える大型のバン車には1ナンバーが割り当てられます。

    バン車の荷室は箱型で、風雨や砂、ホコリ、直射日光から積荷を守ってくれます。突然の天候変化でも安心で、荷物

    が汚れたり、劣化や破損する心配はありません。また、積荷をボックス内に収納するため、荷物落下のリスクが低

    く、盗難やいたずらを防げます。

    バン車の荷室はシンプルな形状で、多様な荷物に対応できます。荷台には軽量のアルミ素材を使用しており、多くの

    積載量を確保しています。宅配業や引越し業などでも利用され、食品運搬に適した保冷・冷凍機能を備えたバン車も

    あります。

    メリット

    商用車の一種であるバン車は、税金が割引されています。

    税金は毎年支払うもので、維持費の多くを占めるため、その利益は大きいです。 具体的には、自動車税や車検時に支

    払う重量税が、乗用車よりも安くなります。バン車の自動車税は、同クラスの乗用車よりも2万円から3万5千円ほど割

    引されます。 重量税に関しても同じように、約5千円の節約ができます。

    荷物を運搬するために使われるバン車は、頑丈な足回りを持っています。足回りが頑丈であると、故障が少なくなり

    車の寿命も長くなる傾向があります。 例えば、乗用車に使われるコイルスプリングではなく、壊れにくい板バネ

    が車を支えるサスペンション部分に使われています。板バネは、大型車両であるトラックやバスのサスペンション部

    分にも使われており、耐久性や耐荷重性に優れています。

    デメリット

    ビジネスで使われるバン車は長距離を走り、メンテナンスが頻繁に必要なため、車検の頻度が高いです。

    また、荷物を運ぶために耐久を考慮しているため、快適性はし損なわれる可能性があります。一方、普通の車は新し

    い車を登録した時に3年に一度車検を受け、その後は2年に一度受けます。商用車に比べて車検の頻度が少なく、手間

    がかからない代わりに、税金の優遇措置はありません。

    商用車は頑丈で、段差を越えた際には突き上げを感じることがあります。この突き上げは、耐久性を重視しているた

    め、衝撃吸収性が低くなっているためです。また、サスペンションに板バネを使用しているため、横からの荷重に弱

    く、横風や遠心力による揺れを感じやすいです。

    トヨタのハイエースは、新車時価格239.2万円~・中古車総支払価格65万円~。日産 バン車はメーカーによって、

    新車や中古車の価格が違います。車や中古車の価格が違います。

    NV350キャラバンは、新車時価格200万円~・中古車総支払価格65万円~。バン車は一年を通じて多くの需要がある

    車種なので、車市場でも取引が活発な車種です。

    今回はバン車の基礎知識や特徴、メリットデメリットや価格を解説しました。

    ビジネスで活躍するバン車は、多くの引き合いがある車種です。今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか?