中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古ミキサー一覧(10台該当)

並び替え :

10台中 110台目を表示

  • 日野 大型 ミキサー プロフィア

    問合番号
    20-0028

  • いすゞ 中増t ミキサー フォワード

    売り切れ

  • 日野 中増t ミキサー レンジャー

    売り切れ

  • いすゞ 大型 ミキサー ギガ

    売り切れ

  • 三菱ふそう 大型 ミキサー スーパーグレート

    売り切れ

  • 三菱ふそう 中増t ミキサー ファイター

    売り切れ

  • 日野 大型 ミキサー グランドプロフィア

    売り切れ

  • 日野 中増t ミキサー レンジャー

    売り切れ

  • いすゞ 大型 ミキサー ギガ

    売り切れ

  • 三菱ふそう 小型 ミキサー キャンター

    売り切れ

  • 中古トラック車両一覧: 10台中
    1台目から 10台目を表示

    お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
    ※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
    • 検討リストに車両はありません

    ミキサーに関する記事

    ミキサーについて

    ミキサー車はコンクリート工場で作られた生コンを工事現場に運ぶ重要な役割を担っています。「アジテータトラック」と専門的な名称と呼ばれることもありますが、一般的には「生コン車」と呼ばれています。ミキサー車は荷台に積まれた大きなドラム(ミキサー部分)を回転させながら走ります。ミキサー車は生コン(セメントと砂や砂利などの骨材)が入ったドラムをゆっくり混ぜ合わせながら現場に生コンを運んでいます。ミキサー車はコンクリートを混ぜながら運搬する特別構造を搭載しているため、8ナンバー車(特種用途自動車)に指定されています。ミキサー車は現場によって生コン量が違うため、小型から大型まで存在しています。ミキサー車の有名なメーカーとしては、日野自動車や三菱などの国産トラックメーカーが製造と販売を行なっています。ミキサー車の金額は新車なら4tの場合は600万円程度、10tの場合であれば1,300万円程度が相場です。,500万円以上で、中型ダンプで約1,000万円です。小型ダンプでも500万円以上の必要なので、ダンプは高級車の部類に入る車なのです。

    ミキサーの使用用途

    ミキサー車は現代建築に欠かせないコンクリートの搬送に使用されているので、コンクリートの需要がある場所に必ずと言って良いほどの確率で登場する作業車両です。多くの土木や建築現場は、コンクリート工場からミキサー車で生コンを運んで打設をしています。多また、大量のコンクリートを使う工事現場では作業効率を向上させるため、コンクリート工場からミキサー車で生コンを搬送し打設します。そのため、ミキサー車は一般住宅やオフィスビル、工場などの建築現場などで幅広く活躍しています。ダムなどの大型構造物などの現場では現場内にセメント工場を設置していますが、現場の生コン輸送にはやはりミキサー車が活用されているのです。そうした状況から、ミキサー車は建設業を中心にコンクリートを使う業界で活躍する作業車両なのです。

    中古のミキサーを選ぶポイント

    中古のミキサー車を選ぶポイントは、ミキサー車のサイズ確認をしましょう。一般的なミキサー車の大きさは次の通りです。「11t車:全長約9,100mm 全幅約2,490mm 全高3,770mm」「10t車:全長約7,900mm 全幅約2,490mm 全高3,700mm」「7~8t車:全長約6,200~6,400mm 全幅約2,300mm 全高約3,200~3,400mm」「5~6t車:全長約6,300~6,500mm 全幅約2,180~2,300mm 全高約3,200~3,250」「4t車:全長約5,850mm 全幅約2,160~2,170mm 全高約3,020~3,050mm」「2~3t車:全長約5,030~5,290mm 全幅約1,700~1,880mm 全高約2,620~2,835mm」です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。中古ミキサー車トラックの販売年式の多くは今から約10年前~15年前に製造されたミキサー車トラックです。走行距離はミキサー車によって違いますが、平均10万キロ台、価格相場は300万円台が主流となっています。