中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古バス/重機(フォークリフト)一覧(0台該当)

並び替え :

0台中 00台目を表示

中古トラック車両一覧: 0台中
0台目から 0台目を表示

お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
  • 検討リストに車両はありません

バスの車両形状から探す

フォークリフトに関する記事

フォークリフトについて

フォークリフトは工場や物流倉庫、港湾や貨物ターミナルなどさまざまな場所で用いられている車両です。人力では持ち上げられない物でも簡単に持ち上げて運べる便利な車両です。フォークリフトは使用方法を間違えると重大事故につながるので、フォークリフト免許がないと乗れません。フォークリフトの構造は、荷物を積む(積載する)フォークとラムと、これらを上げ下げ(昇降)させるマストを備えています。。フォークリフトには「カウンタバランスフォークリフト」「リーチフォークリフト」の2種類があります。フォークリフトを製造販売しているメーカーは「コマツ」「トヨタL&F」「ユニキャリア」などの国産メーカーです。フォークリフトの金額は新車の場合は約300万円~、中古の場合は約30万円~が相場です。

フォークリフトの使用用途

フォークリフトは「カウンタバランスフォークリフト」「リーチフォークリフト」の2種類があります。種類によて作業内容が異なるのもフォークリフトの特徴です。具体的には「倉庫内作業」「港湾での荷受」「飲料メーカーでの商品上げ下げ」「トラックへの積み込み」など作業内容は多岐に渡ります。フォークリフトはそのお仕事には欠かせないトラックで、建築業や運送業、港湾管理業など日本のインフラを支えている業界で人気がある車両です。

中古のフォークリフトを選ぶポイント

中古のフォークリフトを選ぶポイントとしては、最初にフォークリフトのサイズを確認しましょう。フォークリフトの寸法は、「1.5トンディーゼル:長さ:2290㎜前後・幅1070㎜前後・マスト高1995㎜前後」「1.5トンバッテリー:長さ:2080㎜前後・幅1115㎜前後・マスト高1970㎜前後」が一般的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。作業内容によって中古フォークリフトを選ぶときには参考にされてください。中古フォークリフトの販売年式は今から約15年前、価格相場は50万円台が主流となっています。