中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古バス/重機(タイヤショベル(ホイルローダー))一覧(0台該当)

並び替え :

0台中 00台目を表示

中古トラック車両一覧: 0台中
0台目から 0台目を表示

お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
  • 検討リストに車両はありません

バスの車両形状から探す

タイヤショベル(ホイルローダー)について

タイヤショベル(ホイルローダー)は、トラクターショベルの中で車輪で走る車両です。「タイヤドーザー」「タイヤショベル」とも呼ばれることもありますが、沖縄県では「シャボ」と呼ばれています。タイヤショベル(ホイルローダー)は土砂や砕石、粒体物のダンプカーへの積み込みや、構内短距離を運搬する作業で用いられている建設機械です。油圧ショベルより多くの土砂が積み込めることも特徴です。 タイヤショベル(ホイルローダー)はゴムタイヤで走行するので、ブルドーザーやトラクターショベルと比べて掘進力は弱いですが、軟質な地質でも前進や掘削作業もできます。タイヤショベル(ホイルローダー)を製造販売しているメーカーは「コマツ」「トヨタL&F」「クボタ」「ユニキャリア」などの国産メーカーです。タイヤショベル(ホイルローダー)の金額は新車の場合は約1,000万円~、中古の場合は約100万円~が相場です。

タイヤショベル(ホイルローダー)の使用用途

タイヤショベル(ホイルローダー)は、作業内容が多岐に渡ります。具体的には「前進しながらの掘削」「農作物の荷役」「塵芥廃棄物の整理」「道路の除雪」「原木の積み込み」「災害時の瓦礫撤去作業」などです。ちなみに、タイヤショベル(ホイルローダー)の運転や操作が行えるのは、技能講習や特別教育を修了した上で認められる「車両系建設機械運転者」という資格を持った人しかできません※タイヤショベル(ホイルローダー)は車両系建設機械(整地・運搬等)として分類されています。タイヤショベル(ホイルローダー)はお仕事には欠かせないトラックで、建築業や運送業、農業や道路管理業など多くの業界で引き合いがある車両です。

中古のタイヤショベル(ホイルローダー)を選ぶポイント

中古のタイヤショベル(ホイルローダー)を選ぶポイントとしては、最初にタイヤショベル(ホイルローダー)のサイズを確認しましょう。タイヤショベル(ホイルローダー)の寸法は、「全長5940前後・全幅2300前後・全高3060前後」が代表的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。作業内容によって中古タイヤショベル(ホイルローダー)を選ぶときの参考にされてください。中古タイヤショベル(ホイルローダー)の販売年式は今から約15年前、価格相場は100万円台が主流となっています。