中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古バス/重機(カニクレーン)一覧(0台該当)

並び替え :

0台中 00台目を表示

中古トラック車両一覧: 0台中
0台目から 0台目を表示

お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
  • 検討リストに車両はありません

バスの車両形状から探す

カニクレーンについて

カニクレーンはクレーンの一種で、工場や倉庫など限られたスペースしかない現場でニーズが高いコンパクトなミニクローラークレーンです。アウトリガーを伸ばしたときの様子がカニに似ているのでカニクレーンと呼ばれています。。カニクレーンは「走行時がコンパクト」「不整地でも利用できる」ことが特徴です。通常の大きなクレーンでは通れない工場や墓地などの狭い通路でも通れますし、ゴムクローラーの構造を活かして、地面が舗装されてない場所でも利用できるのです。ちなみに、作業時はアウトリガーを張り出したうえで作業を行います。カニクレーンは「1.7tクラス」「2.4tクラス」「2.8tクラス」「2.9tクラス」の4種類があります。カニクレーンを製造販売しているメーカーは「前田製作所」「古河ユニック」が主な国産メーカーです。カニクレーンの金額は中古の場合は約40万円~が相場です。

カニクレーンの使用用途

カニクレーンは主に建物内や工場内など、作業スペースに限りがある環境で用いられていることが多い車両です。カニクレーンはコンパクト性やクローラー走行を行うためミニクローラークレーンとも呼ばれています。ただ、カニクレーンは他の建設機械とは異なる特殊機械なので、使用用途や作業環境などをしっかりと見極める必要があります。。カニクレーンはお仕事には欠かせないトラックで、建築業や製造業などの業界で人気がある車両です。

中古のカニクレーンを選ぶポイント

中古のカニクレーンを選ぶポイントとしては、最初にカニクレーンのサイズを確認しましょう。カニクレーンの寸法は、「全長2,000mm前後・全幅590mm前後・全高1,300mm前後」が代表的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。作業内容によって中古カニクレーンを選ぶときの参考にされてください。中古カニクレーンの販売年式は今から約15年前、価格相場は50万円台が主流となっています。