中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古クレーン/重機運搬(トラッククレーン)一覧(0台該当)

並び替え :

0台中 00台目を表示

中古トラック車両一覧: 0台中
0台目から 0台目を表示

お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
  • 検討リストに車両はありません

ユニックの車両形状から探す

トラッククレーンについて

トラックにはさまざまな種類がありますが、そのなかでもクレーンがついている種類がトラッククレーンです。汎用クレーンとも呼ばれます。トラッククレーンは運転席とシャシー、操縦席、クレーンブーム、旋回部分で作られているタイプです。つまり、トラックの荷台は荷物を載せる場所ではなく、操縦席やクレーンである種類を指します。荷物を運ぶタイプのトラックと変わらない走行性能なので、幅広いシーンで使用できます。ちなみに、強度を高めた専用のシャシーの後ろにクレーンを架装しているラフテレーンクレーン・オールテレーンクレーンもあるので押さえておきましょう。たとえばオールテレーンクレーンは、トラッククレーンとは違って各種類のステアリングモードによって方向転換しやすいです。また、多軸方式によって車両重量が軽くなっています。トラッククレーンメーカーのなかでは、タダノとKATOの2社が非常に有名です。大きく異なる部分はありませんが、操作性や機能性に違いがあるので好みのトラッククレーンを選んでください。

トラッククレーンの使用用途

トラッククレーンは、主に建設現場や工事現場で使われています。トラッククレーンの代表的な用途としては、高所への資材の搬入や、柱の組み立て、そして荷物の吊り上げです。ほかにも暮らしのなかでトラッククレーンを見るシーンとしては、交通事故が起きたときも挙げられます。自力で走れなくなった車を運搬するのにも、トラッククレーンが使われることがあるのです。このように、トラッククレーンは個人で使用することはほとんどなく、建設業界を中心に業務で使用されています。吊り上げ可能な重さは5tから300t以上といろいろな種類のトラッククレーンがあるので、使用場面にあわせて選ぶことが可能です。中型で3t未満、大型で5t未満が目安となっています。

中古のトラッククレーンを選ぶポイント

中古のクレーンを選ぶポイントとしては、最初にクレーンのサイズを確認しましょう。クレーンの荷台寸法は、「全長3,600mm・全幅1,890mm・全高2,560mm」が一般的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。中古クレーンの販売年式の主流は、今から約15年前に製造されたクレーンです。走行距離は平均10万キロ台、価格相場は200万円台が主流となっています。