中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古バス/重機(ユンボ(バックホー))一覧(0台該当)

並び替え :

0台中 00台目を表示

中古トラック車両一覧: 0台中
0台目から 0台目を表示

お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
  • 検討リストに車両はありません

バスの車両形状から探す

ユンボ・バックホーに関する記事

ユンボ(バックホー)について

ユンボ(バックホー)は農業で使用する特殊車両を指しています。ユンボ(バックホー)はトラクターやロータリーカルチベーター、田植え機やコンバインなどが主なユンボ(バックホー)として挙げられています。 ちなみに、耕作や農作物の収穫に使う鍬などのアイテムは、人力または畜力で作動する道具とされて、農具に分類されています。ユンボ(バックホー)の構造は種類によって異なるので、希望する種類のユンボ(バックホー)をしっかり確認しておくことが重要です。ユンボ(バックホー)の歴史は1953年に施行された「ユンボ(バックホー)化促進法」をきっかけにして急激に発展しました。ユンボ(バックホー)は「トラクター」「コンバイン」「田植え機」などさまざまな種類があります。ユンボ(バックホー)を製造販売しているメーカーは「クボタ」「イセキ」「ヤンマー」などの国産トラックメーカーです。ユンボ(バックホー)の金額は新車の場合は約1,000万円~、中古の場合は約500万円~が相場です。

ユンボ(バックホー)の使用用途

ユンボ(バックホー)は「トラクター」「コンバイン」「田植え機」などさまざまな種類があります。ユンボ(バックホー)はその名の通り、農業をメインに用いられていて、具体的には耕作や収穫、農地整備など多くの場面で活躍する車両なのです。登場以来進化を続けているユンボ(バックホー)ですが、AIなど新しい技術との融合を目指して開発を進めているメーカーも多くあります。ユンボ(バックホー)は仕事には欠かせないトラックで、農業を中心に人気があるトラックです。

中古のユンボ(バックホー)を選ぶポイント

中古のユンボ(バックホー)を選ぶポイントとしては、最初にユンボ(バックホー)のサイズを確認しましょう。ユンボ(バックホー)の寸法(トラクター)は、「大型:長さ2080mm前後・幅950mm前後・高さ1701mm前後」が一般的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。利用しようとする畑の大きさに合ったトラクターなどのユンボ(バックホー)を選ぶことを意識しましょう。中古ユンボ(バックホー)の販売年式は今から約10年前、走行距離は平均10万キロ台、価格相場は100万円台が主流となっています。