トラック・運送・トラックドライバー情報

トラック・運送・トラックドライバー情報

土砂禁ダンプは、本当に土砂は積載しちゃダメなの?

ダンプと言えば、一般的に土、砂、解体時のコンクリートなどを積載するダンプを思い浮かべますが、その中でも土砂を積んではいけないダンプがあります。

それが「土砂禁ダンプ」です。
土砂禁ダンプは、一般的なダンプよりも荷台が深く設計されており、多くの荷物を積むことができます。

では、何を運ぶためのダンプなのでしょうか?

 

土砂禁ダンプとは・・・?
土砂禁ダンプとは、「土砂等運搬禁止車両」の通称で、「土砂を積んではいけないダンプ」のことを言います。

例えば、清掃業者などは、軽量ながらかさばるものが多く、ペットボトルを運ぶ場合など、少ない量しか運べないという問題を抱えていました。そこで誕生したのが、荷台のあおりを高くしたダンプ、つまり「土砂禁ダンプ」です。

ペットボトルなどの軽いものならば、たくさん積んでも重さはさほどありません。だからたくさん積むことを許可されるわけです。

土砂を積んではすぐに過積載になってしまうので、そもそも土砂の積載を禁止しています。

 

積載範囲内なら土砂を積んでもいいの?
では、積載制限の範囲内で土砂を積んでもいいのでしょうか?
残念ながら違法です。まず土砂をダンプで運ぶためには国土交通省に対しての申請が必要なのですが、深ダンプでは許可が下りません。ということで必然的に違法となります。

 

【結論】
土砂禁ダンプには土砂は積載してはいけません!!