トラック・運送・トラックドライバー情報

トラック・運送・トラックドライバー情報

大型の4軸と3軸の違いとは?

基本的なところで、まず、軸数の数え方ですが、
トラックを横から見た時のタイヤの数で決まります。

タイヤが4つあれば4軸車、3つあれば3軸車というワケです。

 

4軸と3軸では何が違うのか?

それは、タイヤの大きさです。

4軸車はタイヤの径を小さくしている分、低床ですので積載体積が大きくなりますので、荷物を大量に運ぶ際や、背の高い荷物を運ぶには有効です。

それに対して3軸車のタイヤは大きいので、荷台の床の高さが地上から見て高くなりますが、耐えられる重量(許容荷重)が大きくなります。
3軸はリアオーバーハングが小さいことから、荷崩れが抑えられますが、小回りが苦手ですので、決まった道しか走らないような定期運行する貨物には有効です、一般貸切には不向きです。

一般的に4軸車を「4軸低床」、3軸車を「3軸高床」と呼びます。

なかには3軸でもタイヤの小さい車で「3軸低床」というのもありますが、「4軸低床」や「3軸高床」よりも車両総重量が少なくなり、結果的に積載量も少なくなります。

ではなぜ床を低くするのかというと、道路運送車両法で道路を走る車の高さは3.8m以下と決められていますので、荷台の室内高さを確保するためには床を下げるしかないというワケです。