中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古乗用車(バキュームカー)一覧(0台該当)

並び替え :

0台中 00台目を表示

中古トラック車両一覧: 0台中
0台目から 0台目を表示

お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
  • 検討リストに車両はありません

バキュームカーについて

バキュームカーとは荷台の代わりに大きなタンクと真空ポンプ、吸引ホースを装備した自動車を指しています。液状汚物を吸引ホースで吸い上げた後でタンクの中に貯め込んで運搬します。バキュームカーは汲み取り式トイレの糞尿や浄化槽に貯まった汚水の回収に用いられています。その他にも排水溝に詰まった汚泥を取り除く作業、産業廃棄物の回収にも使用されています。バキュームカーの構造は、バキューム(真空)の名の通り、真空による圧力差を利用しタンク内にある液状の物体を吸い上げます。液状の物体を貯めるタンクと真空ポンプ、吸引ホースとタンクと吸引ホースを接続するバルブ(弁)の4つから構成されています。バキュームカーを製造販売しているメーカーは「三菱ふそう」「UDトラックス」「いすゞ自動車」が主な国産メーカーです。バキュームカーの金額は新車の場合は500万円~、中古の場合は約200万円~が相場です。

バキュームカーの使用用途

バキュームカーは汲み取り式トイレの糞尿回収のために開発されました。水洗式トイレが普及していなかった時代には、街中や住宅地で頻繁に見られましたが、1980年代以降は見かけることは少なくなりました。しかし、数は少なくなったものの汲み取り式トイレはまだ残っています。工事現場やイベント会場の仮設トイレは汲み取り式で、列車などに設置されている簡易式水洗トイレも汲み取り式トイレの一種。下水道が整備されていない地域に設置された浄化槽のメンテナンスは、定期的な汲み取り作業が必要です。そうした面でも、バキュームカーは日々の生活を維持するための重要な働きを担っています。バキュームカーは清掃業を中心に人気がある車両です。

中古のバキュームカーを選ぶポイント

中古のバキュームカーを選ぶポイントは、始めにバキュームカーのサイズを確認しましょう。バキュームカーの寸法は、「長さ5,140mm前後・幅1,885mm前後・高さ2,230mm前後」が代表的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。作業内容によって中古バキュームカーを選ぶときの参考にされてください。中古バキュームカーの販売年式は今から約10年前程度、価格相場は200万円台が主流となっています。