中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古乗用車(穴掘建柱車)一覧(0台該当)

並び替え :

0台中 00台目を表示

中古トラック車両一覧: 0台中
0台目から 0台目を表示

お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
  • 検討リストに車両はありません

穴掘建柱車について

穴掘建柱車は通信工事の建柱作業(電柱の建柱なそ)や大型トランス(変圧器)の吊り上げ設置で欠かせないクレーン作業、基礎工事などの掘削作業で用いる掘削スクリューオーガなどを装備した車両です。穴掘建柱車の使用用途の多くは、電柱の建柱作業に使われていてクレーンの先にオーガと呼ばれるドリルを装着。その後はドリル先に地盤に合わせた各種オーガアタッチメントを付け替えて、ドリルを回転させる事で地面を掘削します。穴掘建柱車は使用用途が特殊なので、運転免許だけではなく資格が必要です。穴掘建柱車はオーガアタッチメントを変えることで、さまざまな地盤や土質に対応させられます※メーカーによる。穴掘建柱車はクレーンの先にドリルが付いていて、電柱を建てる穴の掘削と大型電柱運搬の際のつり上げが行えるような構造です。穴掘建柱車を製造販売しているメーカーは「日野自動車」「いすゞ自動車」が主な国産メーカーです。穴掘建柱車の金額は新車の場合は1,000万円~、中古の場合は約400万円~が相場です。

穴掘建柱車の使用用途

穴掘建柱車の運転と操縦するには資格が必要です。3トン未満の穴掘建柱車を操縦は「小型車両系建設機械(基礎工事用)の運転の業務に係る特別教育」、3トン以上の穴掘建柱車を操縦は「車両系建設機械基礎工事用技能講習」を修了しないといけません。電柱の吊り上げや運搬には、「小型移動式クレーン運転技能講習」の修了が必須です。また、穴掘建柱車は公道を走れますが、運転する穴掘建柱車の大きさに応じて、普通免許・中型免許・大型免許いずれかが必要です。穴掘建柱車は仕事には欠かせないトラックで、建築業や通信業を中心に人気がある車両です。

中古の穴掘建柱車を選ぶポイント

中古の穴掘建柱車を選ぶポイントとしては、最初に穴掘建柱車のサイズを確認しましょう。穴掘建柱車の寸法は、「長さ5,685mm前後・幅1,500mm前後・高さ2,790mm前後」が代表的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。作業内容によって中古穴掘建柱車を選ぶときの参考にされてください。中古穴掘建柱車の販売年式は今から約10年前程度、価格相場は400万円台が主流となっています。