中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古バス/重機(アスファルトフィニッシャー)一覧(0台該当)

並び替え :

0台中 00台目を表示

中古トラック車両一覧: 0台中
0台目から 0台目を表示

お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
  • 検討リストに車両はありません

バスの車両形状から探す

アスファルトフィニッシャーについて

アスファルトフィニッシャーは、アスファルトを舗装するために用いる建設機械です。道路や駐車場などの工事現場で活躍していて、アスファルトの舗装工事では路盤をしっかりと整地してアスファルトを敷き詰める工事を行ないます。アスファルトフィニッシャーは、「クローラー式」「ホイール式」の2種類です。クローラー式は、キャタピラーで走行するタイプで、公道は走れないけど接地面積が広く安定性が高い点がメリットです。急勾配の現場や軟弱地盤の現場で主に用いられています。ホイール式はタイヤで走行するタイプ。大型特殊自動車としてナンバーを取得すると公道も走行できます。アスファルトフィニッシャーは「ホッパー」「エンジン」「スクリード」「トラクタ」4つの構造に分類されます。アスファルトフィニッシャーを製造販売しているメーカーは「住友建機」「三菱重工」「範多機械」が主な国産メーカーです。アスファルトフィニッシャーの金額は新車の場合は2,500万円~、中古の場合は約200万円~が相場です。

アスファルトフィニッシャーの使用用途

アスファルトフィニッシャーが用いられるのは道路の舗装作業時です。その中でも作業のメインとなる「アスファルトを敷く作業」で活躍しているのです。しかしながら、アスファルトフィニッシャーが登場するのは作業の終盤で、それまでに多くの作業があります。アスファルト舗装は最初が肝心ですし、しっかり締め固まった路盤と安定した路床が欠かせません。万が一その部分を疎かにしてしまうと、耐用期間が短く粗悪な道路を作ってしまうことにも繋がります。舗装作業を終えて敷きならす段階でアスファルトフィニッシャーが登場します。作業時のアスファルトフィニッシャーはかなりゆっくりしていますが、綺麗ににアスファルトを敷くためには一定の速度で止まることなく進み続けることがポイントです。ホッパー内のアスファルト合材が無くなると大変なので、合材を積んだダンプトラックを並走させることもあります。アスファルトフィニッシャーはお仕事には欠かせないトラックで、建築業を中心に人気がある車両です。

中古のアスファルトフィニッシャーを選ぶポイント

中古のアスファルトフィニッシャーを選ぶポイントとしては、最初にアスファルトフィニッシャーのサイズを確認しましょう。アスファルトフィニッシャーの寸法は、「全長6955mm前後・全幅2490mm前後・全高2,575mm前後」が代表的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。作業内容によって中古アスファルトフィニッシャーを選ぶときの参考にされてください。中古アスファルトフィニッシャーの販売年式は今から約15年前程度、価格相場は200万円台が主流となっています。