ページの
先頭へ
トラック・運送・トラックドライバー情報

トラック・運送・トラックドライバー情報

トラックを維持するのにかかる税金の種類と金額の目安

トラックの維持費にはさまざまなものがあります。中でも各種税金については、その額をしっかり把握しておきたいところです。どのような税金が、いくらくらいかかるのか、トラック維持に関わる税金についてまとめます。

車を維持するために課税される税金

車を所持しているだけでかかる税金には自動車税、自動車重量税があります。自動車税は車を購入した翌月から支払い義務が生じる税金です。毎年4月1日時点における自動車の車検証上の所有者に対して、自動的に課税されます。

自動車重量税は自動車検査証(車検)の交付や車両番号の指定を受ける際、車種、車両重量別、車検期間別に決められている税金です。1年ごとにかかりますが、支払いは新規登録あるいは車検時に、車検証の有効期間に合わせてまとめて行います。

維持費に含まれる税金には燃料税もあります。ガソリン代の中にはガソリンそのものの燃料代に加えて、ガソリン車の場合は揮発油税と地方揮発油税(両方合わせて通称、ガソリン税)、ディーゼル車の場合は軽油引取税が1リッターごとにかかります。また、消費税も課税されます。

2tトラックを維持するのにかかる税金の目安

普通免許で運転できる、2tトラック(最大積載量2.0t~2.9tのトラック)を維持するためにかかる税金はどれくらいなのか、目安となる金額を見てみましょう。

事業用2tトラック

運送業者など事業用2tトラックの場合、エコカー減税適用なしで、年間の自動車税は9,000円、自動車重量税は5,200円です。

自家用2tトラック

事業用以外の自家用2tトラックの場合は、エコカー減税適用なしで、年間の自動車税は11,500円、自動車重量税は6,600円です。

4tトラックを維持するのにかかる税金の目安

4tトラックではどうでしょうか。こちらも目安となる金額を見てみます。

事業用4tトラック

事業用4tトラックの場合、エコカー減税適用なしで、年間の自動車税は15,000円、自動車重量税の目安は10,400円です。

自家用4tトラック

自家用4tトラックの場合、エコカー減税適用なしで、年間の自動車税は20,500円、自動車重量税の目安は16,400円です。

トラックにかかる税金を抑えるには

トラックにかかる税金を抑えるための方法としてポピュラーなのは、減トンを行うことです。積載量を少なくすればそれだけ自動車税を節約できるという、単純な方法でもあります。しかし、この減トン車は、車検時の自賠責保険料を安くすることにもつながるので効果が高いといえます。仮に2tをわずかに超える積載量のトラックを2t車に変更すれば、自動車税は約5,000円、自賠責保険料は約10,000円程度安くできます。

ほかには、燃料税を減らすために燃費のいいトラックを選ぶことも考慮すべきです。また、環境性能にすぐれた自動車を買い替え・購入すると自動車重量税・自動車取得税が減免されるエコカー減税も利用価値があります。こちらは2017年4月から「新エコカー減税」が導入される見通しとなっています(2017年3月現在)。

トラックを所有していれば、維持しているだけで上記の税金がかかります。もしも不要なトラックがある場合は、放置せずに買取に出すことを検討してみてください。税金はなるべく節約し、また不要な税金を支払わなくてすむ対応を心がけましょう。