トラック・運送・トラックドライバー情報

トラック・運送・トラックドライバー情報

トラックのトラニオンとは?

大型トラックには欠かせない部品の『トラニオン』。

あまり聞き慣れない言葉ですが、大型トラックには重要な役割を果たしている部品。ただ、自動車購入時の一部となっているので、なかなか詳しいメンテナンスや交換方法を熟知していない方もいるかと思います。

トラックの安全安心な走行には、正しい構造や役割、メンテナンスや交換方法を知っていることは大切なのです。

そこで今回は、トラックのトラニオンについて解説します。

 

 

シリンダを支える重要な部品

 

 

ここではトラニオンの基礎知識を解説します。

トラニオンはトラニオン式サスペンションを指す

トラックのトラニオンとはシリンダを支える重要な部品。

『トラニオン式サスペンション』を指します。シリンダの突起をある程度の余裕を持たせて固定してあり、後ろ2軸が一緒に駆動する車(ツーデフ車)に搭載されるサスペンション形式。元は車軸は前後1つずつでしたが、より沢山の荷物を搭載するために車軸を増やしたことで今まで使っていたサスペンションが使用不可になったので開発されました。

板ばねをリーフスプリングの両端に固定した仕組み

トラニオン式サスペンションは、板ばねを多く積み重ねたリーフスプリングをトラニオンで固定して、リーフスプリングの両端に車軸を固定する構造。

リーフスプリングを逆さまにした状態でトラニオンシャフトの上に取り付けて、両端に車輪を取り付けた状態です。トラニオンで固定しているリーフスプリング部分にある程度の余裕を持たせて、シーソーのように動くようにしている点が特徴。

後ろの2車軸のうち片方が持ちあがったら反対側が自然に下がる構造で、僅かな部品で構成されています。

トラニオンはシンプルな構造で壊れにくい

トラニオンはシンプルな構造なため壊れにくいのが特徴です。

 

シンプルな構造なのでメンテナンスも簡単なこともトラニオンのメリットです。一般的なサスペンションは、エンジンからの駆動力が車軸に伝わる時の力を調整や抑制します。

 

また、バネやシャックルを動かしながら固定するシステム構造やバランスを取るためのイコライザーが必要です。そのため、多くの荷物を積んで長時間走行する大型トラックや、砂利道などの悪路を走行する機会が多いダンプカーに搭載するのもオススメです。

 

 

トラックのトラニオンのメンテナンス方法

 

 

ここではトランクのトラニオンのメンテナンス方法を解説します。

悪路を走る機会の多い車はトラニオンの劣化が早い

大型トラックやダンプカーは悪路を長時間走行することが多く、トラニオンの劣化も早まる傾向です。

 

トラニオンはサスペンションを支えて安定走行を提供する重要な部品。万が一走行中に故障したら大事故に繋がることもあります。

トラニオンのメンテナンスはグリスの充填が基本

トラニオンのメンテナンスは、「グリスの充填」が基本です。

 

グリスは粘りのある油で車軸などの摩擦の多いところに塗布します。グリスを塗布することで滑りが改善して劣化や摩耗を防いでくれます。前もってグリスを塗布することで故障を未然に防げるので、定期的なグリス塗布を習慣づけましょう。

故障した場合は整備工場へ

トラックのトラニオンはメンテナンスをしていても故障する場合も。

 

トラックの部品は重たいものが多く、適切な設備を持っている工場でないと修理できません。また、細かな調整が必要な場合もあるので、少しでも気になる場合は購入したディーラーや整備工場へ速やかに点検整備を依頼しましょう。

修理費用がかさむ場合は乗り換えも検討

何度も修理で修理費用がかさむ場合は、乗り換えも検討しましょう。

 

現在の中古トラックは性能も良く価格も幅広いのです。選択肢も多いので目的に合ったトラックを選ぶことで修理費用が節約できます。

 

まとめ

今回はトラックのトラニオンについて解説しました。

 

トラニオンはシリンダを支える重要な部品なので、定期的にグリス塗布するなどメンテナンスも行ないましょう。それでも修理が続く場合は、中古トラック販売店などでトラックを探してみることもオススメです。