トラック・運送・トラックドライバー情報

トラック・運送・トラックドライバー情報

トラックのタイヤの交換タイミングと選び方

トラックのタイヤはどんなタイミングで交換すべきなのでしょうか。また、交換するときには、どんなタイヤを選ぶのが適切なのでしょう。安全を守るために、タイヤの交換について知っておくべきポイントについてまとめます。

トラックのタイヤ交換を怠るリスク

トラックのタイヤの交換を怠って劣化が進んだタイヤのままでトラックを走らせることは、大変危険です。

タイヤが経年劣化するとひび割れが起こり、このひびがタイヤのバーストの原因になります。ひび、あるいはキズが入ったタイヤで高速走行を続けるとタイヤがたわんで負荷がかかり、ひびやキズ部分からいきなりタイヤが破裂して空気が抜けます。これがバーストですが、トラックのタイヤのバーストはしばしば悲惨な事故につながります。

トラックが走行困難に陥ってガードレールや周囲の走行車に激突する、あるいはタイヤのバーストの衝撃で並走していた乗用車に被害を与えることもあります。タイヤの劣化や不具合は、ブレーキの故障と同じくらい危険なものだということをしっかり意識しておきましょう。

トラックのタイヤ交換タイミング

タイヤの使用期間は最長でも5年程度が限界といわれます。これは空気圧を適性に保ち、急ブレーキや急発進をできるだけしないよう注意して乗車していたと仮定しての寿命です。また、運転する頻度が高ければ、当然、劣化は早まります。

そのため、タイヤの交換タイミングを知るには、年数よりもタイヤを日頃からよくチェックして状態を確かめておくことが大切です。
目安となるのはスリップサインです。スリップサインはタイヤの表面のトレッド(溝)パターンの溝の奥にあり、タイヤの表面が1.6mm擦り減ると出てくるようになっています。スリップサインはタイヤの周上6箇所にあり、これが1ヶ所でも出てきたらそのタイヤはもう使えません。このことは道路運送車両の保安基準で決められています。

つまり、タイヤはスリップサインが出て来る前に交換するということです。トラックを運転する前には必ずタイヤを点検し、スリップサインを確認しましょう。また、このとき、タイヤの側面までひびが入っていないかどうかもチェックしてください。ひびが側面にまで至っている場合もバーストの危険があります。

トラックのタイヤの選び方

タイヤを新しく購入するときは、次の点に注意して選びましょう。

タイヤの種類を選ぶ

タイヤの種類には主に、チューブタイヤ、チューブレスタイヤ、バイアスタイヤ、ラジアルタイヤの4つがあります。
チューブレスタイヤは、釘などが刺さっても急激には空気が抜けない構造になっています。
また、バイアスタイヤとラジアルタイヤはそれぞれ、タイヤ内部のカーカスと呼ばれる部分の配置が異なっています。ラジアルタイヤのほうが操縦性や安定性が高く、耐摩耗性も優れています。スリップが少なく、高速走行での乗り心地が良いのもラジアルタイヤです。

トラックのタイヤのサイズを確認する

トラックのタイヤのサイズは、タイヤのサイドウォール(側面)に刻印してあります。
表記は「11R22.5 16PR」などとなっています。11はタイヤの幅で、インチで示されています。Rはラジアルタイヤという意味です。22.5は内径が22インチであることを示しています。そして16PRのPRはプライレーティングのことで、荷重指数を示しています。

トレッドパターンを選ぶ

タイヤ表面のトレッドパターンにも種類があります。
リブ型は良路(舗装路や高速道路)の走行に適したトレッドパターンで、乗用車や小型トラックに向いています。
ラグ型は悪路走行に適し、駆動力や制動力の強さに特徴があり、トラックによく使用されます。リブラグ型は良路でも悪路にも対応する複合型です。やはりトラックに適していて、通常はこれを選ぶのが良いでしょう。
もう一つ、ブロック型というのもありますが、これは通常、スタッドレスタイヤやスノータイヤに使用されます。

タイヤはトラックの中で、道路と直接接する唯一のパーツです。安全運転を遂行するため、また快適にドライビングするためにも、交換時期、選び方に十分な注意を払いましょう。