中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古冷蔵冷凍ウイング一覧(0台該当)

並び替え :

0台中 00台目を表示

中古トラック車両一覧: 0台中
0台目から 0台目を表示

お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
  • 検討リストに車両はありません

冷蔵冷凍ウイング車は貨物自動車の荷台形状の一つで、「箱車」とも呼ばれるトラックです。冷蔵冷凍ウイング車はパネルバンやアルミバンの側面を跳ね上げ、横から荷物が載せられます。側板と天井の一部を組み合わせた扉が跳ね上げられた状態が鳥が翼を広げた状態に似ていることから、「ガルウイング車」「側面開閉車」と呼ばれることもあります。ちなみに、扉自体をウイングや翼と呼ぶことも。冷蔵冷凍ウイング車の構造は、バンボディの側面を上下に2分割して下半分は平ボディのあおり戸のよう下に開きます。このため、上半分は屋根と一体で開閉するものが多いことも特徴です。上半分は油圧や電動モーター、紐やロープによる人力で開閉します。冷蔵冷凍ウイング車を製造販売しているメーカーは「パブコ」「日本フルハーフ」「日本トレクス」「東邦車輛などの国産トラックメーカーです。冷蔵冷凍ウイング車の金額は新車の場合は約2,000万円~、中古の場合は約500万円~が相場です。

冷蔵冷凍ウイング車は「大型」「4tワイド」「3t・2tワイド」の3種類があります。多くの種類がある冷蔵冷凍ウイング車は、食料品や物資の運搬などで用いられていて、具体的には冷凍食品や冷蔵商品など温度管理が必要な場面で活躍するトラックなのです。冷蔵冷凍ウイング車はそのお仕事には欠かせないトラックで、運送業や運輸業、製造業など日本のインフラを支えている業界で人気があるトラックです。

中古の冷蔵冷凍ウイング車を選ぶポイントとしては、最初に冷蔵冷凍ウイング車のサイズを確認しましょう。冷蔵冷凍ウイング車の寸法は、「大型:長さ12m前後・幅2.5m前後・高さ3.8m前後」「4t:長さ8.6m前後・幅2.5m前後・高さ3.5m前後」「2t・3t:長さ6.5m前後・幅1.9m前後・高さ3.5m前後」が一般的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。中古冷蔵冷凍ウイング車の販売年式は今から約10年前、走行距離は平均20万キロ代、価格相場は500万円台が主流となっています。