中古トラックの販売・買取は専門店のステアリンクにお任せください

中古コンテナ専用車一覧(2台該当)

並び替え :

2台中 12台目を表示

中古トラック車両一覧: 2台中
1台目から 2台目を表示

お気に入り登録済み車両リスト お気に入り車両リストの詳細を見る
※お気に入り車両リストに追加した車両は、最大で2週間自動保存されます。
  • 検討リストに車両はありません

アームロール/コンテナ専用車に関する記事

アームロールの特徴とは?

アームロールは、作業効率を上げることに役立つ特殊な車両です。コンテナを取り外すことができ、さまざまな積載物を運ぶことができます。

アームロールにはどんな種類がある?

アームロール車は、大型フックが装備されていることから中型トラック、大型トラックがベースの車両となっているのが一般的です。

アームロールを運転できる免許とは?

特殊車両の運転や操作には資格や免許が必要となることが多いですが、アームロールの運転と操作には特別な免許は必要ありません。

アームロールを購入するときのポイント

特殊車両のアームロール車は、新車購入だと一般的なトラックよりも車両価格が高く、納車が長めとなる傾向にあります。

コンテナ専用車の特徴とは?

コンテナ専用トラックは、コンテナを載せ替えることで幅広い運搬物に対応できるマルチなトラックです。

コンテナ専用車にはどんな種類がある?

コンテナ専用トラックは主に「カーゴタイプ」と「トレーラータイプ」の2種類があります。

コンテナ専用車の新車・中古車価格は?

コンテナ専用トラックのベース車両+アームの相場価格を新車と中古車でそれぞれ見ていきましょう。

コンテナ専用車を運転できる免許とは?

コンテナ専用車は車両総重量や最大積載量、乗車定員によって必要な免許・資格が変わります。

コンテナ専用車を購入するときのポイント

コンテナ専用トラックは車両価格が高額で、納車までに時間がかかります。

アームロール/コンテナ専用車とは、荷台を脱着できる装置をシャシーに備えたトラックです。アームの先端部分にフックが付いていて、コンテナを積む時はフックを引っかけて前部分を持ち上げながらシャシーにセットする仕組みです。コンテナを降ろす時はアームで角度を付けて後方より少しずつ降ろします。アームロール/コンテナ専用車は自力で積載物の積み降ろしできるので、クレーンやリフトを使用する必要がないのも特徴です。積載物を荷台ごと入れ替えるので作業が非常に効率よく進みます。アームロール/コンテナ専用車は軽トラックや大型トラックまで幅広い車種に対応しているので、積載物の種類や大きさにあわせて選択できることもメリットです。アームロール/コンテナ専用車を製造販売しているメーカーは「三菱ふそう」「日野自動車」「いすゞ自動車」が主な国産メーカーです。アームロール/コンテナ専用車の金額は新車の場合は1,500万円~、中古の場合は約500万円~が相場です。

アームロール/コンテナ専用車は次の通りです。①ゴミや産業廃棄物の収集運搬②砂利や土砂の運搬③一般貨物の運搬④建築資材の運搬⑤液体物の運搬⑥農産物や農機具の運搬⑦家畜の飼料⑧糞尿の運搬。アームロール/コンテナ専用車は積載コンテナの種類を変えると、さまざまな場面に対応できます。具体的な使用用途は、オープンコンテナでの産業廃棄物収集運搬が挙げられます。テールゲートコンテナでダンプ車のように砂や砂利を地面に撒く作業にも対応できます。アームロール/コンテナ専用車はタイやインドネシア、マレーシアなどの東南アジア各国でもニーズが高いのです。アームロール/コンテナ専用車は運輸業や製造業など幅広い業界で人気があるトラックです。

中古のアームロール/コンテナ専用車を選ぶポイントは、始めにアームロール/コンテナ専用車のサイズを確認しましょう。アームロール/コンテナ専用車の寸法は、「4t車用:全長3600mm前後・全幅2020mm前後・全高1650mm前後」が代表的です※製造メーカーや車種によって荷台寸法は異なります。作業内容によって中古アームロール/コンテナ専用車を選ぶときの参考にされてください。中古アームロール/コンテナ専用車の販売年式は今から約15年前程度、価格相場は300万円台が主流となっています。