ページの
先頭へ
トラック・運送・トラックドライバー情報

トラック・運送・トラックドライバー情報

買取にどう影響する? トラックにおける修復歴・事故歴の定義とは

修復歴と事故歴……似たようなことを表す言葉ですが、トラックなど自動車の買取においては明らかな違いがあります。それぞれどのように定義されているのか、そして修復歴や事故歴のあるトラックを買取してもらうことは可能なのかということについてまとめます。

修復歴の定義とは

JAAI 一般財団法人日本自動車査定協会 、一般社団法人自動車公正取引協議会、 一般社団法人日本中古自動車販売協会連合会などでの統一基準では、修復歴とは車体の骨格(フレーム)部を交換または修復(修正・補修)したことを指すとされています。

車体の骨格とは具体的には、1.フレーム (サイドメンバー)、2.フロントクロスメンバー、3.フロントインサイドパネル、4.ピラー、5.ダッシュパネル、6.ルーフパネル、7.ルームフロアパネル、8.トランクフロアパネル、9.ラジエータコアサポートのことです。基本的に、これらのうちどれか一箇所でも交換または修復をしたことがあれば修復歴車とされます。

事故歴の定義とは

事故歴とは事故や災害に遭った経歴のことです。しかし、厳密にいえば自動車の査定や中古車売買において、事故歴、事故車という用語についての定義はありません。それは、中古車売買では正式には修復歴という言葉を使用し、事故歴という言葉は使わないためです。かといって、修復歴=事故歴というわけでもありません。

たとえば、走行中に追突されてリアバンパーを交換した自動車は一般的に事故歴があることになります。しかし、車体の骨格まで被害を受けていないので、査定や中古車販売をする上では、修復歴車とはなりません。

また、中古車として販売する際は、修復歴は開示する必要はありますが、事故歴はとくに開示が義務付けられてはいません。ただし、事故歴は査定には影響します。

修復歴と修理歴の違い

上記のバンパーを交換したような場合は、修復歴にはあたらないので、単に修理歴とされます。ドアの凹みを直している場合や、ドアを交換している場合も、修復歴の定義には当てはまらないので、修理歴です。つまり、修復歴の定義に当てはまらない箇所の交換や修復は、すべて修理歴となります。

買取にはどう影響する?

修復歴、事故歴がある自動車は、通常より査定金額が下がる可能性があります。損傷や修復のレベルによっても異なりますが、一般的に修復歴があると通常の7~8割の査定金額になります。

また、事故歴があり、修復・修理をしていない自動車の場合は、さらに査定金額が下がります。これも損傷の度合いによりますが、通常の5割近くの査定額になることもあるでしょう。

トラック買取業者の選び方

買取業者の中には修復歴、事故歴がある自動車でも買取を行っているところがあります。トラックの場合はトラック専門の買取業者を探しましょう。自社で修理し、海外などに販売するルートを持っている買取業者であれば、たとえ事故に遭って動かないトラックでも買取してくれる可能性があります。

修理・修繕をしていない事故車の場合は動かないか、動かすと危険なことが多いので、訪問査定をしてくれる業者を選ぶことも大切です。

修復歴・事故歴のあるトラックは査定金額が大幅に減額されるだろう、あるいは買取は無理だろう……とあきらめるのは早いかもしれません。買取を行っている業者も存在するので、まずは相談してみることが肝心です。