ページの
先頭へ
トラック・運送・トラックドライバー情報

トラック・運送・トラックドライバー情報

ローンが残っているトラックも売却できる? その方法とは

売りたいトラックがあっても、ローンの支払いが残っていて売ることができない……とあきらめてはいないでしょうか。実はローンが残っているトラックでも、買取業者に売却することは可能です。どのような方法があるのかを解説しましょう。

ローンが残っているトラックも売却できる?

ローンが残っている車は、所有者が自分になっている場合と、カーディーラーや信販会社になっている場合があります。
例えばカーディーラーの提携ローンを利用すると、完済するまで所有権はカーディーラーとなる場合があります。所有権留保と言い、所有権売却や名義変更ができないのです。
ローン返済中でも、例えば銀行でローンを組んだ場合は所有者が自分になっていることが多いでしょう。所有者が誰になっているかは、車検証の「所有者の氏名又は名称」という欄を見て確認できます。

問題は、車の所有者が信販会社など自分以外になっている場合です。車の使用者ではあっても正式な所有者でないときは、原則的に車を売却する権利はありません。

ただし、大手の買取業者では、ローンが残っていて、なおかつ所有者が異なっている車でも買取を受け付けていることがあります。トラックの場合も同様です。

ローンを一括返済できるだけの現金を所持している場合の売却方法

ローンを一括返済できるだけの現金があるときは、残りのローンを完済してしまってから買取に出すのが最もシンプルなやり方です。完済して「所有権の解除手続き」を行えばトラックの所有権は自分に移り、問題なく売却することができます。

ローンを一括返済できない場合の売却方法

では、ローンを一括返済できない場合にはどうすれば良いのでしょう。大手の買取業者ではいくつか方法を用意しています。たとえば400万円のローンを組んでいて、半分の200万円を返済済だったとします。そのトラックが250万円で売却できるとすると、買取業者が差額の50万円をあなたに支払い、200万円を信販会社に支払って完済できるよう、取り計らってくれます。この場合も、所有権の解除手続きなどは必要になりますが、手数料を支払うことでこうした手続きも代行してもらえます。

ただ、この方法を考えるときは、まず買取業者に自分の場合、対応してもらえるのかどうかを相談してみることが肝心です。少なくとも実際にトラックを査定してもらって、査定額がローンの残債額を上回る場合でなければ利用できません。

清算後にお金がマイナスになってしまう場合は?

買取業者に買い取ってもらったとしても、その額がローン残債額を下回ってしまうことも考えられます。その場合は、差額を倍主から買取業者に支払うことになります。

しかし、支払額が多いと負担が大きくなり、結局はトラックを売りづらいというケースも出てきます。そこで、この場合には買取業者のローン返済サービスを利用する方法が考えられます。不足分を新たに買取業者が用意するローンで支払うようにして、残金を毎月無理のない額で返済していくということです。ただ、これも実施している買取業者はある程度限られるので確認が必要です。

いずれにしろ、ローンが残っているトラックであっても売却することをあきらめてしまうのは尚早です。残債額よりも高い価格で売却できれば、毎月の支払いをなくして、さらに手元に現金を残せることになります。トラックであればトラック専門の買取業者を利用するのが得策です。まずは相談をしてみてはいかがでしょうか。