ページの
先頭へ
トラック・運送・トラックドライバー情報

トラック・運送・トラックドライバー情報

査定に影響するかも? トラックの修復歴とは

トラックの買取においては、「修復歴」の有無が査定価格に大きく影響します。そもそも修復歴とは何を意味するものなのか、それがどんなふうに査定価格に関わってくるのかを解説します。

トラックの修復歴とは

修復歴というと、トラックのどこかを修理すればそう呼ばれるのかと思われがちですが、そうではありません。修復歴とは交通事故や災害などによって、車体の骨格(フレーム)部を交換または修復(修正・補修)したことを表す用語です。

では、骨格部とはどこでしょうか。日本自動車査定協会 、自動車公正取引協議会、 日本中古自動車販売協会連合会などでは、以下の部位の修復をしたトラックが修復歴に該当すると定めています。

  • フレーム (サイドメンバー)
  • フロントクロスメンバー
  • フロントインサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル
  • ラジエータコアサポート

ただし、部位が該当していても、程度によって修復歴とする場合と、しない場合とがあります。基本的には、その部位を交換しているもの、剥がれや修理跡があるものなどが修復歴とされ、軽微な凹みなどは修復歴とされない傾向があります。

また、事故を起こしたトラックであっても、上記の部位に損傷・修理歴がないものは修復歴としてはカウントされません。ボンネットやドア、バンパーを修理したトラックは「修復歴なし」になるということです(「修理歴」となります)。
トラックの修復歴は開示しなければならない?

修復歴があるトラックや自動車は、中古車として販売する際に「修復歴あり」として整備記録に明記し、すべての人に開示することになっています。これは自動車公正取引協議会が各自動車販売店へ指導・通達しているものです。一方、事故歴の開示というのはとくに定められていません。

修復歴があるトラックは査定にどう影響する?

一口に修復歴といっても、損傷や修復のレベルはさまざまです。そのため査定にどれくらい影響するかはケース・バイ・ケースですが、修復歴がないトラックと比べれば、概ね7~8割の査定金額になるでしょう。

ほかに、トラックの車種や走行距離によっても査定金額は変わってきます。
しかし、中でも修復歴は査定に比較的、大きな影響を及ぼすものです。たとえ事故を起こしていなくても、ルーフに何かが落下して大きく凹み、修理をしたとすれば修復歴とみなされます。それによって査定金額が減額されてしまうことになるわけです。

修復歴があるトラックをなるべく高く買取してもらうには

このような修復歴があるトラックを少しでも高く買取してもらう方法はないでしょうか。

業者によって修復歴をどのように判定し、いくらの減額を行うかという判断は異なります。そのためまずはシンプルに、なるべく多くの買取業者に見積もりを依頼して比較してみましょう。中でもトラック専門の中古車売買を行っている買取業者は狙い目といえます。修復歴があっても専門業者であれば比較的高い金額で買取してもらえます。独自の査定基準を持っている業者を探してみましょう。
査定はプロの査定士が行えば、修復歴が見落とされるということはまずありません。修復歴があるトラックを所有している場合は査定金額に影響があることを理解した上で、なるべく高く買取してもらう方法を探ってみましょう。