ページの
先頭へ
トラック・運送・トラックドライバー情報

トラック・運送・トラックドライバー情報

何が必要? プロのトラックドライバーになるには

プロのトラックドライバーは全国に84万人(2014年時点)いるといわれています。しかし単にトラックを運転し、荷物を運ぶだけではプロとしての責務を果たしているとはいえません。プロのトラックドライバーに必要とされる技術について解説します。

プロのトラックドライバーとは

プロのトラックドライバーとは、一般的にはトラックを運転して荷物を運搬することで収入を得るドライバーのことです。しかし、これは単なる定義です。プロのトラックドライバーに求められる能力には、すぐれた運転技術、運転マナー、顧客に対する接遇能力などがあります。
ほかにもトラックドライバーとして遵守すべき事項をしっかりと守っていることが挙げられるでしょう。プロフェッショナルを名乗るには、トラックドライバーとしての役割と使命を果たしていることが必要です。

プロのトラックドライバーになるために習得しておきたい技術

それでは、プロのトラックドライバーとして習得すべき技術にはどのようなものがあるのか、順に見てみましょう。

運転技術

トラックドライバーはトラック運転のスペシャリストです。どれだけ質の高い運転技術を持ち、継続的に発揮できるかが問われます。その技術には環境に配慮した運転、安全運転、また後述するマナーやモラルのある運転も含まれます。

営業技術

顧客に対する営業技術を備えていることも重要です。トラックドライバーに求められる営業技術とは、集配時の言葉遣いや態度がしっかりとしていること、服装や身なりがきちんとしていることなどです。適切な接遇マナーを身につけ、相手先に好感を与えることで、会社を代表する顔としての役割を果たすことができます。

荷物の積み込み技術

顧客が最も強く望むのは積荷の丁寧な扱いです。荷物を積む際のスピードや手際の良さも必要ですが、荷物を傷つけず、安全に運ぶことを最優先とした積み込み技術が求められます。

運転マナー、モラル向上

車体の大きなトラックは一般の乗用車から見るとそれだけで威圧感があります。幅寄せやあおりなどの威圧運転、嫌がらせ運転は厳禁です。トラックは走る広告塔でもあります。プロとして、他車の手本となるようなマナーの良い運転を心がけるべきです。走り慣れている道路だから、運転に自信があるから、といった過信も禁物です。常にマナーとモラルを守るのがプロドライバーだという自覚を持ちましょう。

トラックの日常点検技術

安全確実な輸送を行うためには、車両の点検を行うことも欠かせません。定期点検整備を欠かさないことはもちろん、運行開始前の日常点検を行うこともトラックドライバーの義務です。点検を怠ったことで起こり得る車両故障、事故の発生、それによって引き起こされる積荷の破損や消失を防ぐことが大切です。

輸送の基本は「安全・確実・迅速」に荷物を運ぶことです。これを滞りなく遂行するために必要なのがトラックドライバーとしての技術です。プロフェッショナルとして活躍するため、これらの技術を習得してください。